忍者ブログ
「アンの小箱」の日記
12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • プロフィール
    こんにちは!

    「アンの小箱」
    管理人アンです。
    私のブログへ、ようこそ♪
    (*^.^*)
    最新コメント
    [10/03 Clara]
    [09/16 Clara]
    [09/12 実の父親]
    [08/28 パパハポン]
    [08/04 パパハポン]
    カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    ブログ内検索

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    萩尾望都原画展



    2月22日、あまりに天気がよかったので、
    思い立って、「萩尾望都原画展」に、行ってきました。

    萩尾望都さんは、知る人ぞ知るという偉大なる漫画家です!
    もう素晴らしい人です。すごいんです。
    私の中では、萩尾望都さんは、漫画家の中でも、別格に位置しています。

    あの高校時代に、友達から借りて読んだ
    「ポーの一族」を読んだときの、衝撃といったら!!

    ということで。。。

    初めて、萩尾望都さんの原画を見たんですけど、
    感動しました!原稿がきれいなんです!
    シャープで、繊細なライン。カラーページの美しさ。
    ホワイトを、ほとんど使ってないんですよ。
    どうしたら、あんなにきれいなラインが、一気にひけるのでしょう。

    未公開原稿というのも、展示されていて、
    「トーマの心臓」の一部でした。
    あの図書館の本に挟んであった、トーマの詩が、別のものでした。
    最初は、こんな詩の予定だったんだーー!!おぉ!

    いや。。マニアックですいません。。
    「トーマの心臓」は、ほとんどセリフを、覚えていますので、はい。(笑)

    福岡アジア美術館での開催が、最後の展示となるようですので、
    萩尾望都さんのファンの方は、ぜひとも、見てくださいね。
    満足すること、間違いないです!

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [307]  [306]  [304]  [305]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297

     ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

     忍者ブログ [PR]